不道徳おバイク講座

時間をちょびちょび作って書いてます。

【結末が凄い】北海道ツーリング計画その壱「初日の宿をどうしたか」

こにちは、2月最初の記事です。

 

なかなか記事が書けていません…。

ネタは本当にたくさんあるので、これから少しずつ確実に記事にしていきたいと考えています。 

今回は、一番アクセスがあったワクワク!北海道ツーリングに関する記事を書きました。

 

過去記事でも少し触れましたが、2017年8月に北海道ツーリングに行ってきました。 

北海道ツーリング(2017年8月12日~21日)については、ほぼ毎日晴れで最高のツーリングでした。

本当にタイミングが良かったです。

 

大雑把な旅の日程の報告

8月11日 広島から高速で京都へ。

8月11日-12日 京都で1泊し、フェリーの時間まで原付2種スクーターをレンタルしてプチ京都ツーリングをしました。(別記事にまとめます。)プチ京都ツーリングの夜に舞鶴へ。

8月12日夜 舞鶴から小樽へ20時間の快適な海の旅。

 

快適な海の旅…

8月12日 23:00 舞鶴 発

8月13日 20:00 小樽 着

 

フェリーが小樽に到着!!

うおっしゃ!北海道や!!!

 

・・・小樽に着いても、もう夜だよ!

 泊まるところをどうするのか、悩むライダー数知れず。

 

 2017年7月にはそのことに関しての初々しい記事を書いています。

めちゃくちゃ心配してた。

www.immoral-edu.com

 

結局、どうしたのか

 フェリーの中でエネルギーを持て余してしまい、体力全回復になったのでキャンプで凌ぐことにしました。

結局、色内ふ頭にテントを張りました。

 f:id:wr1:20180210122121j:image

 

 

 

 

 

自分たち以外にも、たまたまフェリー内で出会ったツーリング仲間や、キャンピングカーが数台停まっていました。

マナーやローカルルール上どうなのか怯えながらも普通にテントを張り、火も使いました。(ルール違反だったらごめんなさい。)

 

さらに、近くにはイオンモールがあって食料を揃えるのには全く困りませんでした。

 

快適だったので小樽から舞鶴に帰る前日にも泊まってしまいましたぜ。へへへ。

次の日はニセコに日帰りで行けるからおすすめです。

 

 

ワクワクキャンプの図

f:id:wr1:20180210122010j:image

 こんなワクワクで楽しそうなキャンプですが、このとき、自分がキャンプしている場所の扱いが大きく変わることを全く予期していませんでした。

 

結末が凄い

 そんなワクワク色内ふ頭ですが、状況は一変します。

 

 色内ふ頭における岸壁の調査を行ったところ、安全性が確保されていないことが判明しましたので、関係者以外の立入り及び色内埠頭公園の利用は、当分の間禁止いたしますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。(平成29年8月23日)

 

規制期間:平成29年8月24日(木)正午〜未定

小樽市 :色内ふ頭内の規制について

2018年2月10日現在掲載

 

 

ッッッッッッッッ~~~~~~~~~~~~~~???????????

まさか泊まった(8月20日)直後にこんな対応になっているとは!

安全性が確立されてない!!

安全性が確立されていないのはワクワク!北海道ツーリングとは呼べません!!

 

 

従いまして、今後は当面、小樽ふ頭公園でのキャンプ泊は安全上不可能ということになりました!!

 

なんにせよ、フェリー内で普通に過ごしていれば体力全回復で北海道に上陸できます。

その有り余る体力でキャンプをしませんか?

 

 ゆるキャンですよ、ゆるキャン!!(←「ゆるキャン」見てない人)

 

 さあ、貴方もワクワク!北海道ツーリングへ!

 

おわり