不道徳おバイク講座

時間をちょびちょび作って書いてます。You can ask me in English.

北海道ツーリング 舞鶴フェリーのご案内資料について2017.08.12

どもども

 

北海道ツーリングに行く方へ事前情報のご提供記事です。

ふと、部屋の掃除をしていたらこんなプリントが出てきました。

 

 舞鶴から小樽へ向かうライダーの皆さんにはこのような案内があります。(ウェブサイトからもダウンロードできます。)

ご注意:2017.08.12付けの情報です。

 f:id:wr1:20180321131723j:image

 

自分は、京都ツーリングを1日した後、舞鶴へ向かいました。

 フェリーに着くと、バイクがすでにたくさん停まっていました。

歴戦のホッカイダーもいるのかな????と、同じ目的地を共有するライダーがたくさんいるのはワクワクします。

ある意味で、バイクの展示場でした。

 

そして、バイクの列に並ぶようにバイクを停め、乗り込みの時間を待ちます。

チケットはプリントアウトしておいたので、窓口に行く必要もなかったです。

 

いつ、乗船が始まってもいいようにチケットは手元に用意しておきました。

乗船時間になると、順番にチケットを確認してもらい、バイクのエンジンをかけ、フェリーに乗り込みます!

 

乗り込むまでは登り坂になっているので気を付けてね…。

 

自分は、フェリーに乗り込むとバイクの荷物は全て降ろしました。(転倒防止ダネー)

ヘルメットは、頭上の高さに緑色の荷物を置くネットがあったのでそこに置きました。

また、ブーツはサンダルに履き替えました。

 

客室へ持って入ったもの

 

飲食物(船内にも売っていますがやはり安くはないです。)

ガイド本(暇な時間をこれで有効的に使いました。)

スマートフォン(圏外です。)

モバイルバッテリー(もちろん客室にもコンセントはあります。モバイルバッテリーを充電するために持ち込みました。)

 

 

とまあ、今回の記事はこのくらいにします。。。

酔ってるのでまた追記します!(最近多いこの流れ)