不道徳おバイク講座

時間をちょびちょび作って書いてます。You can ask me in English.

腕時計嫌いな僕がApple Watchを身に着け続ける3つの理由

どうも。

働き方改革で早く帰宅した僕だよ。

今回は、流行りのスマートウォッチからApple Watch Series 3について紹介していこうと思うよ。

ちなみに俺は腕時計が嫌いだ。 何故なら邪魔っぽいからだ。ファッションとしては大好ち。 そんな僕がプレゼンツ。

腕時計嫌いな僕がApple Watchを身に着け続ける3つの理由

いくぜ。

腕時計嫌いな僕がApple Watchを身に着け続ける3つの理由 その1

iPhoneを確認する必要がないところ

Apple Watchがあれば必要な通知だけを、君に知らせてくれる。

本当に時計を確認するようにチラ見するだけで確認できてしまう。やったぜ。 もちろん、バイクや自転車で信号待ちの際にもチラ見するだけであの子からのLINEも確認できちゃうぜぇ?

私たちは1日に何度iPhoneを確認するのだろうか。。。 確認1回あたりにざっと3秒程の時間を要しているとしたら、どれだけの時間をiPhoneを取り出して確認する時間に使っているのだろうか・・・。

君がポケットからiPhoneを取り出し、画面を確認するその数秒の間に僕は見逃すことのできない瞬間を捉えている。Yeah

腕時計嫌いな僕がApple Watchを身に着け続ける3つの理由 その2

体調管理・記録ができるとこ

まずこの画像を見てほしい。

Apple Watchは僕たちのことを見守っている

Apple Watchは我々の心拍数を見守っているのだ。

僕の場合は、飲酒しているときに高心拍数になるので、運動時以外に1分間あたり100心拍あるときには通知するように設定している。設定は簡単。

さらに、笑えない話だけど、僕はね、飲酒をした夜に睡眠時無呼吸症候群になることがあるのね。

この睡眠時無呼吸時には酸素不足により心拍数がめちゃくちゃ上がる。

それをApple Watchさんは見逃さないんだ。

正直、Apple Watchさんが教えてくれるまで、僕が睡眠時無呼吸症候群の気があるんて知らなかった、気付かなかった。

知ってしまえば対策を打ちやすくなる。

勝った!

ちなみにApple Watchさんによれば、最近は睡眠時無呼吸症候群にはなっていないようだ。

よかったねぇ。

腕時計嫌いな僕がApple Watchを身に着け続ける3つの理由 その3

Apple Watchがないと困る体になってしまった

もう、Apple Watchなしでは外出できない。

ポケットからその都度iPhoneを取り出すのが面倒で仕方ない。

生活の記録を取りたい。

バイクでガソリンスタンドに入ったときには、手首に着けたApple Watchでさっさと支払を済ませたい。

会議中にもiPhoneの通知を見たい。会議長い!

そんな些細なことから抜け出すために数万円するApple Watchを買った。

流石だ、Apple Watchなら現在時刻も分かる。

それに腕時計としては安い部類だ。 何十万円もする腕時計を買って満足したか? 俺は何十万円もする時計が欲しいさ。 高級時計は反対の腕に着けよう。 さあ、Apple Watchを買って街へ出かけよう。

さあ君もApple Watchを身に着けよう。

おわり^ ^