不道徳おバイク講座

時間をちょびちょび作って書いてます。You can ask me in English.

モンベル(mont-bell)の作務衣(サムエ)を買ってみた

 

相変わらず鎌倉シャツを着て社畜をやってる私だよ。

 

今回は、ついに!!!

モンベル(mont-bell)の作務衣(サムエ)を購入したお話をするぜ!

 

購入のきっかけ

鎌倉シャツを買ってからというもの、多少のお金を積んででも良いものを使いたいという欲求に支配された私は、夏にゆったりと着られる機能性の良い服を探していたんです。

 

すると、偶然にも元モンベル店員の女性からモンベルの作務衣のお話を聞いたことがきっかけで、購入するに至ったわけなのであります。

 

作務衣とは

「作務衣(さむえ)は、禅宗の僧侶が務め、日々の雑事(作務)を行うときに着る衣のことである。

「作務衣」は本来、作務を行う時に着るもの全般をさし、特定の形が決まっているわけではなかった。僧侶が掃除や薪割り、畑仕事など寺院を維持するための労働を行う時に着用する。作業着であるため、正式の坐禅や法要の時には着用しない。」

(Wikipediaより引用 2018.06.28)

 

なんかカッコいい!!!

 

というわけで、即モンベルショップへ行きました。

 

僕「俺の作務衣ないですか?(図々しい)」

優しいモンベル店員「恐れ入りますが人気商品のため欠品しております、お取り寄せもできるかお調べいたしますよ」

 

どうやら人気商品らしい。

とりあえず作務衣のパンツだけあったので生地を確かめる。

ひんやりとした、さらさらとした肌触り!

 

同じ日に無印の作務衣を見て触ったけど、機能性はモンベルが圧倒的みたいだったのでインターネットから購入しました。

モンベルの方は、価格が倍近く違うからしょうがないんだけど、今回は安さで選ぶのではなく、それが良い製品かどうかが判断基準となりました。

 

作務衣が我が家に来た

 

f:id:wr1:20180629203710j:image

 

ついについに我が家に作務衣が届きました。

北陸の倉庫から送られてくるらしいです。

上は在庫がなかったので店舗から一時回収されて送られてきたようです。

 

f:id:wr1:20180629205314j:image

 

 

質感

綿75%、紙25%でさらさらとしていて夏にさらっと着るのに良さそうです。

f:id:wr1:20180629203726j:image

f:id:wr1:20180629205512j:image

f:id:wr1:20180629205649j:image

f:id:wr1:20180629205702j:image

 

軽さ

f:id:wr1:20180629203738j:image

透け透けの薄さ。これは涼しい。

軽さは、上は293g、イージーパンツは261gです。

 

大切な価格のお話

作務衣の相場なんてご存知ないですよね。

僕も知らんです。でも、良いもんだから買いました。

作務衣(サムエ) 8,856円
作務衣(サムエ) イージーパンツ 6,264円

 

ちなみに、無印の作務衣だと6,000円くらいで上下揃えられます。

 

 

価格よりも大切な在庫状況のお話

 

どうやら人気商品のため、毎年品薄状態らしい。

このブログを書いた2018年6月28日時点では、作務衣の上はもう店舗にしかない状況です。

イージーパンツは在庫に余裕があるみたいですね。

 

品薄で去年の夏に手に入れられなかった方も多かったみたいです!

欲しいときが買い時。

というわけで、

 

君も作務衣で平成最後の夏を過ごそう

 

おわり